忙しいに負けない!健やかで美しい毎日 美容クリニック&化粧品&健康食品情報

アヤナス
アヤナス

ズルズル引きずっていない?夏の疲れ対策①

そもそも「夏バテ」って、なぜ起こるの?

私たちは日々の生活・仕事で疲れやストレスが溜まりやすくなっています。 夏はこれらによる体の不調を加速させがちな季節。なぜ「夏バテ」を起こすのでしょうか?

日本の夏は、湿度も気温も高い季節です。 人間の体は体温を調節するために「汗」をかくようになっています。 暑い時には「汗」をたくさんかいて水分を出し、蒸発する時の気化熱で体を冷やそうとします。 しかし、湿度が高いと「汗」の蒸発が妨げられ、体の中に熱がこもり、熱っぽい・めまいがするなどの症状が起こることがあります。 また「汗」をかき過ぎることで、体内の水分やミネラルのバランスが崩れることも。

暑さをしのぐためにはクーラーや扇風機などを適度に使うことが必要ですが、外気温と温度差がありすぎると体温の調節が難しくなることがあります。 体内の熱をうまく発散できないせいで体温が下がらず、寝付けない・睡眠が浅いという人も多いのではないでしょうか? 「夏バテ」は<体温の調節が難しい=自律神経の不調>と言い換えることもできるでしょう。

さらに暑いときは食欲もなくなりがち。「汗」をかくことで不足した水分やミネラルを 食事によって補うことができなくなったり、消化機能が低下することで体に必要な栄養素を取り込めず、 だるさ(倦怠感)や疲労、下痢などの症状が引き起こされます。

このように、気候条件と私たちの体の働きが密接に関係して起こる様々な症状を「夏バテ」ということができます。

 

溜まりやすい疲れ。「夏バテ」解消に役立つ生活習慣は?

暑さ・だるさでどうしても乱れがちな日常生活。ほんの少し意識するだけで改善されることもあります。

  • 食事

    どうしても食欲が落ちる傾向があるので、栄養バランスを考慮したメニューにするとよいでしょう。 生姜やワサビなどの香辛料・酸味を利かせた酢などを上手に取り入れてみてください。 詳しくは■ズルズル引きずっていない?夏の疲れ対策②をご覧下さい。

  • 睡眠

    蒸し暑い部屋ではなかなか寝付けませんが、冷えすぎていても体には良くないものです。 人間は夜から明け方にかけて体温が下がるので、寝始めは「少し暑いかな?」と感じるくらい(約28℃)の温度が適温です。 クーラーも扇風機もタイマーを利用して、部屋を冷やしすぎないよう心がけましょう。暑い盛りを過ぎても、つい習慣でこれらを「つけっ放し」にすると、カラダもフトコロも冷え過ぎてしまいますから気をつけて。

  • 服装

    夏は「汗」をよく吸う綿製品を身に着けたくなりますが、綿100%の衣服はその吸水性がアダとなって冷たくなりすぎることも。 外出する時は通気性の良いシルクや、綿に化繊が含まれたものを身に着けるとよいでしょう。 反対に屋内はクーラーが効いていて冷えてしまいがち。二の腕や首、脚は冷えやすいので、薄手のカーディガンやストール、 ストッキングを活用するとよいでしょう。秋への移り変わりの時期は、特に気温の差があるもの。天気予報もこまめにチェックしたいところです。

  • 入浴

    「シャワーで汗を流すのが精一杯」になりがちですが、上手に体のクールダウンをするには38℃~39くらいのぬるめのお湯に 20~30分くらい入る半身浴がよいでしょう。お気に入りの入浴剤を併用するとリラックス効果も期待できます。うっかり長湯をしてカラダを冷やし過ぎないよう注意しましょう。

気をつけてあげたいこども・お年寄りの「夏バテ」

こどもやお年寄りの「夏バテ」対策は更に注意が必要になります。

どちらも体温の調節機能がうまく働かない・自分で水分を摂取できない・のどの渇きが分からないなどの理由から、 脱水症や熱中症になりやすいのです。 「汗」をかいたらこまめに拭いてあげると同時に、ミネラルウォーターやスポーツドリンクなどを飲ませましょう。 他にはカフェインを含まない麦茶やほうじ茶などもよいでしょう。

食事は栄養価が高く消化のよいものを選びましょう。 こどもの場合は、アイスやジュースなどは控えて、ヨーグルトやフルーツを多めに食べさせましょう。 お年寄りの場合は、たんぱく質の摂取が減りがちになるので卵や豆腐、お麩などを取り入れるとよいでしょう。 どちらにも緑黄色野菜であるほうれん草のおひたしや、きゅうりの酢の物などはおすすめといえます。

冷えすぎないよう室温にも気を配ってあげてください。また、季節の変わり目は気温差が激しいので、衣服のプラス・マイナスにも気をつけましょう。

☆美容クリニックでできる「夏バテ」対策は?

【意識して摂取したい栄養素】にもある通り、夏に不足しがちな栄養をダイレクトに体に取り入れることができるのが 美容クリニックでの治療です。 「えっ?美容クリニックで夏バテ対策ができるの?」と意外に思うかもしれませんが、美容によいメニューの中には、 体にもよいものがあるのです。夏の疲れを秋に持ち越さないためにも、このメニューをうまく生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか。

「夏バテ・疲れ」に効果的なのは、点滴や注射による治療でしょう。
中でも、
・にんにく注射
・ビタミン点滴(クリニックによって名称が異なります)は即効性も高く、気軽に受けられる治療です。

  • にんにく注射…

    もちろん、すりおろしたにんにくを直接注射するわけではありません。主成分はビタミンB群です。 にんにくやタマネギに含まれる硫化アリルは、ビタミンB1の吸収と活性化を助ける作用があります。 「血液がサラサラになる」と言われており、にんにくの匂い成分でもあります。 にんにく注射の効果としては、血行の促進・新陳代謝の促進・疲労回復などが挙げられます。 副作用として考えられるのは、じんましん・アレルギー反応・湿疹などです。 また、にんにく注射は自由診療で受けるものなので、料金はクリニックによって異なります。 初めて受ける場合には、初診料プラス数千円、というクリニックが多いようです。 注射の成分の配合もクリニックによって異なるので「受けてみたいけど気になる」という人は、 事前に問い合わせることをおすすめします。

  • ビタミン点滴…

    夏に不足しがちなビタミンCとビタミンB1を主成分とした点滴です。 目的別に配合するビタミンの種類は異なります。 例えば、美肌の効果を高めるためにはビオチン・システイン・アミノ酸などが、アンチエイジングには ビタミンE・αリポ酸などが配合されることが多いようです。 高濃度のビタミンC点滴はガンの治療に使われることもあります。 自由診療で受けるものなので、料金はクリニックによって異なります。 初めて受ける場合には、初診料プラス数千円~点滴の組み合わせにより1万円を超えることもあります。 点滴にかかる時間は概ね30~40分程度が一般的。 副作用はあまりありませんが、高濃度ビタミンC点滴の場合には、ごくまれに腎結石の発症例があるほか、 心不全・むくみなどが起こることがあります。 特に糖尿病でインスリン注射による治療をしている人は、主治医に事前に確認した方が良いでしょう。

どちらも正しく受ければ「夏バテ」の解消に繋がる治療です。 自分の体調や得たい効果など、詳しく知りたい人はクリニックに問い合わせをして、納得してから治療を受けるようにしましょう。

 

■ズルズル引きずっていない?夏の疲れ対策② はこちら

 

美健NEWS

一覧をみる
  • NEWS

    生理周期を整えて美しくなるためのアプリ「LunaRitta」のクリスマスイベントを開催!

    特別ゲストにタレントの有村藍里さんを迎え、生理周期を整えて美しくなるテクニックをメディアでも活躍する美人女医が披露。
    また女性特有の悩みについてもお答えいただきます。

    参加いただいたあなたの悩みにも答えてくれるかも?!
    化粧品などうれしい豪華なお土産つき。クリスマスに向けて大人の綺麗を目指しましょう!

    (さらに…)

  • 美肌アンチエイジングマシーン「メソアクティス」

     特殊な電磁パルスで皮膚の細胞に微小な穴を開け、有効成分を浸透させる 「メソアクティス」

    クリニック独自のレシピで美肌・若返り成分をお肌に痛みを感じずにぐんぐん染み込ませ大量に導入出来ます。
    その効果はイオン導入の70倍。
    お顔だけでなく、首や背中、年齢の出やすい手の甲なども施術可能です。

     


    基本:12,000円(税別)

    メソアクティス.

    複数回施術を行うことで、シミ・シワの改善やアンチエイジング効果などさらに高い効果が実感できます。

     

    あらおクリニック 

    横浜市青葉区しらとり台1-7 ヴァンテアン1F

    TEL 045-983-4112

  • クリニック

    一回の施術で効果を実感<聖心美容クリニックのお腹痩せマシン>

    焦点式超音波(HIFU)を利用した革新的腹部専用痩身マシン『Lipocel(リポセル)』

     

    独自のクーリング機能により冷しながら施術を行うため、

    痛みをあまり感じることなくハイパワー照射が可能。一回でサイズダウンが叶い、リバウンドの心配も不要です。

     

    Pers1

     

    1回 302,400円(税込)

    ★施術を受けられるクリニックはコチラ

    聖心美容クリニック 東京院

    聖心美容クリニック 大宮院

    聖心美容クリニック 横浜院

     

  • 2017年 本年もよろしくお願いいたします

     

    美健Expressをご覧の皆さま、新年明けましておめでとうございます。

     

    美健Expressでは今年も「美容」と「健康」に関連するさまざまな情報をお届けします。

     

    今年も一年間どうぞ宜しくお願い申し上げます。

    2017年 正月  美健Expressスタッフ一同

  • 寝ているだけで部分やせ 医療痩身マシン「ヴァンキッシュ」

    機器が全く身体に触れない温熱式の脂肪溶解マシン、ヴァンキッシュ
    脂肪のみに選択的に熱を加える特殊な高周波を採用しているため、周辺の組織にダメージを与えずに広範囲の脂肪細胞を溶解・排出できます。
    痛みやリバウンドもなく、痩せにくい二の腕や太もも、お腹にも効果的。

     

    1回 35,000円(税別)

    %e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

    照射中の皮膚表面温度は39~42℃程度。
    岩盤浴のように快適なのに狙った部分が痩せてゆきます。

     

    あらおクリニック 

    横浜市青葉区しらとり台1-7 ヴァンテアン1F

    TEL 045-983-4112

医療レーザー脱毛 渋谷美容外科クリニック
授乳後のしぼんだバスト